会社案内 クスリについて 採用情報 リンク ホーム
クスリのお問合せ
医薬分業とは 処方せんって? クスリQ&A
クスリQ&A  

 


Q1.薬袋に書いてある服用方法がよくわからないのですが…  ▲TOP

服用方法には、朝昼夕、食後30分、食直後、食間、食前30分、時間毎、寝る前 と書いてあります。
◎ほとんどの薬
は食後30分に当てはまり、食事をとられてから30分以内にお飲み下さい。これは食事毎に服用することで飲み忘れを防止する目的もあります。
◎食直後
は、食事のあと時間をあけずにすぐにお飲み下さい。胃への刺激を抑えたり、空腹時は作用が強いものがあります。
◎食間
は、食後2時間くらいが目安です。食事と食事の間の空腹時に服用して下さい。(食事中に食べてる最中に服用される方がいますが、これは大きな間違いです)
◎食前30分
は、食事をとられる30分くらい前にお飲み下さい。朝などは起きてすぐ位がよいでしょう。
◎時間毎
は、食事に関係なくその時間毎に服用することで、体内に必要な薬の量を保つための飲み方ですので、時間は守るようにして下さい。(睡眠中などは飲み忘れ等があるため夜中に服用しない時間を選んで服用して下さい)

 


Q2.薬を飲むのを忘れたのですが…  ▲TOP  

薬を飲み忘れたと気付いたときに、すぐにお飲み下さい。但し、次の服用時間になった場合には2回分を一度に服用はせず1回分だけお飲み下さい。
体内の薬の濃度を保つ必要のあるものもありますので、お薬は必ず指示通り飲み忘れないように心がけて下さい。

 


Q3.2カ所以上の病院から薬をもらっているのですが…  ▲TOP

病気が違っても同じ様な効果がある薬が処方されたり飲み合わせの悪いものが出ている事がありますので、必ず医師や薬剤師に相談して下さい。
薬の名前がわからない場合は、そのお薬をお持ち下さい。すぐにお調べ致します。また、薬局・薬店でお薬をお求めになる時には相談した上でご購入下さい。

 


Q4.赤ちゃんへの薬の飲ませ方は…  ▲TOP

粉薬は 水か、ぬるま湯またはジュース、ジャムなどで1回分ずつ練ってきれいに洗ったお母さんの指で赤ちゃんの上あごや、ほほの内側にぬって、その後ぬるま湯ジュースなどを飲ませるとよいでしょう。
ミルクに混ぜますとミルク嫌いの原因となりますので注意して下さい。
またシロップ剤等は甘く飲みやすくできていますので、飲み過ぎないように注意し、お子さんの手の届かない所に置いて下さい。

 


Q5.目薬が2種類でたのですが…  ▲TOP

同じ時に目薬を2種さす時は、まずはじめに1種さした後、3分位間を空け、もう1つの目薬をさすようにして下さい。
続けてさしてしまうと最初の目薬が乾ききっていない為、後の目薬により外に流れ出てしまうのです。さす順序はどちらが先でも構いませんが、刺激のある目薬を後からさした方がよいでしょう。

 


Q6.お茶で薬を飲むと効きが悪くなると言いますが、本当でしょうか?
食後にお茶を飲んでその後すぐに薬を飲んでも大丈夫でしょうか?
   ▲TOP

ご質問の件につきまして、服用されている薬が分かりませんでしたので、一般的な薬の場合について解答させて頂きます。

お茶の成分の中で薬物療法に影響を与えると考えられるものにタンニンとカフェインがあります。

1.あなたがお飲みになっている薬が貧血の治療剤(鉄剤)である場合
<結論から言って特に問題はありません> 
 鉄は消化管の中でイオン化され吸収されますが、緑茶、紅茶などに多く含まれるタンニンは、鉄イオンと結合しその吸収を抑制します。このことから、15年くらい前までは鉄剤を飲んでいるときはお茶を飲まないようにとの指導がなされてきました。しかしその後の研究から、鉄の吸収は体内の貯蔵鉄(体の中に貯えられ ている鉄)の程度によって大きな影響を受け、貯蔵鉄が不足している場合(貧血の場合)には吸収が促進されるため、タンニンとの結合によって受ける影響は相対的に無視出来る程度であると考えられています。
                          参考文献:病気と薬剤、今日の治療薬

2.あなたがお飲みになっている薬が上記以外の場合
<薬によっては影響がある場合も考えられます>
 カフェインには胃酸の分泌を促進する作用があります。そのため、解熱剤、鎮痛剤など胃障害の強い薬剤を一緒に服用すると、副作用が増強されることが考えられます。(米国の公定書には解熱鎮痛剤は牛乳で飲むことを勧めています)また、胃酸が増えることによって胃の中の酸度が高くなり(pHが低くなり)、薬によっては吸収に若干の影響を与えることがあるかも知れません。

3.結論として
 カフェインの少ないものであれば特に問題は無いと思われます。
詳しくは、服用するお薬をご持参の上、最寄りの調剤薬局にお尋ね下さい。

 


Q7.アルコール(ビール、焼酎)等、飲むと薬の効きが悪くなるのは、本当ですか?  ▲TOP

お薬によってさまざまな例があります。

ご質問のように
1)薬の効きが悪くなる場合
2)薬が効きすぎる場合
3)副作用が出やすくなる場合
  などが考えられます。

特に抗生物質、糖尿病の薬、精神安定剤、睡眠薬などは
アルコールとの併用で好ましくない結果をもたらすことがあります。
これらの作用の原因として、
アルコールは肝臓で代謝(分解・無毒化されること)されますが、薬も同様に肝臓で代謝されるものが多くあり、その機構が重複することでさまざまな作用を現すと考えられています。

ちなみにアルコールとの併用が良い結果をもたらすと考えられている数少ない例をあげますと、八味地黄丸という漢方薬は、副作用の胃腸障害を防ぐために酒で服用するように古書に記されています。

本当にまれな例です。
原則的に、お薬とアルコールの併用は控えたほうが良いと思われます。

また慢性疾患でお薬を飲まれる場合、お薬の種類、またアルコールの摂取量によっては問題のない場合もあるかも知れません。医師、あるいは薬剤師に詳細を相談されることをお勧めします。

 


Q8.お茶と鉄剤を一緒に飲んだ場合にできるタンニン鉄は、人体に無害ですか?  ▲TOP

現在、鉄剤とお茶の関係で言われていることは、

1)鉄とタンニンが結合してできるタンニン鉄は、消化管から吸収されない為、その効果が阻害される事は事実です。

2)しかし、貧血で鉄が減少している状態では、少量の鉄であっても吸収効率が良い為、通常飲用する程度のお茶で治療効果が落ちるとは考えられていません。

このことから、ご質問の内容について考えてみますと、
タンニン鉄は
a)吸収されない為、生体に悪影響を及ぼすとは考えにくい。

b)現実の治療において、鉄剤とお茶の飲用は許容されている。(消化管内でのタンニン鉄の生成については問題なし)
このように考えることができると思います。

 

回答1 回答2 回答1 回答2 回答3 回答4 回答5 回答6
   
Copyright(C)1997-2016 TSUGAYASU Pharmacy.All rights reserved.
 
お問い合せ
回答7 回答8 回答9 お問い合せ